新型MacbookPro(late2016)の不具合が解消?バッテリーとGPU問題が解消された?macOS 10.12.3がリリースされましたー!

以前にこんな記事を書きました。

Macbook Pro Late 2016の不具合拡大?修理不可能?バグの原因がわかるまで修理受付中止って?どういう事よ?

どうやら最近AppleからmacOSのアップデートがあり、解消された?ようです。

また、修理受付も既に再開されているらしい。

素晴らしい!

新型MacbookPro(late2016)の不具合が解消?バッテリーとGPU問題が解消された?macOS 10.12.3がリリースされましたー!

2016年11月リリースされたMacbookProは、大きく3つの現象がネットで騒がれていました。

  • GPUが悪さして?フリーズ

  • バッテリー関連の不具合?

  • 修理受付中止問題

以下のニュースで詳細に紹介されていますが「macOS 10.12.3」が公開され全ての問題が解消されているそうです。

Apple、macOS 10.12.3を公開。MacBook ProのGPUとバッテリーの問題を修正 | TechCrunch Japan
つい先ほどAppleはmacOS Sierraのアップデートを公開した。10.12.3はバグフィックスのアップデートだが、昨年末に発売された新しいMacBook Proにとっては待望の変更だ。今日のアップデートで、Appleは15インチモデルのグラフィックチップセットに関するいくつかの修正を実施した。またApple..

GPUが悪さして?フリーズ

これはGPUの負荷が高いようなソフトを操作していると頻発していたようです。

グラフィックデザイナーさんや、youtuberさんの間でやたらと騒がれていました。

バッテリー関連の不具合?

バッテリー自体が悪いわけではなく、safariやその他ソフトが悪さした結果、バッテリーを食い散らかしてしまう現象が発生していました。

これもバグを修正する事で解消している様子。

修理受付中止問題

この問題が発生していたのは日本だけらしいです・・・。

なぜ受付中止になったのかは公表されていませんが、現在は修理受付を再開し対応してくれているそうですので、心当たりのある方はAppleへ問い合わせてみて下さい。

まとめ

期待値が高いだけに、至る所で騒がれていましたが、無事に解決してよかった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました