【2019ドライブレコーダー】前後にカメラを取り付けて煽り運転対策!

前後の2カメラで同時録画できる VIOFO A129Duo

今回は、自分一人でドラレコの取り付けから、設定まで行いましたのでご紹介します。

【2019ドライブレコーダー】前後にカメラを取り付けて煽り運転対策!

2つのカメラで前後の映像をバッチリとれます。

また、暗視性能を持つ高品質のSONY IMX291センサーで夜間走行でもかなりハッキリした映像が取れます。

スペック

  • センサーFront & Rear: Sony STARVIS CMOS Sensor 2.13M IMX291
  • レンズFront & Rear: F/NO 1.6 FOV=140°
  • LCDディスプレイ:2.0インチ High Resolution TFT
  • 解像度フロント & リア : Full HD (1920 x 1080P 30fps) フロントのみ Full HD (1920 x 1080P 60fps)
  • ビデオコーデック:H.264
  • ビデオフォーマット:MP4
  • イメージフォーマット:JPEG
  • GPS付属
  • Wi-Fi:2.4GHz / 5GHz Dual band
  • マイクロフォン:内蔵
  • スピーカー:内蔵
  • マイクロSDカード​:256GBまで対応
  • 電源:DC5.0V/1A
  • サイズフロント: 84mm(L)×55mm(W)×40mm(H)
  • サイズリア: 53mm(L) x 31mm(W) x 50mm(H)

同封物

  • フロントカメラ(モニター付き)
  • リアカメラ
  • 電源ケーブル
  • フロント - リアの接続ケーブル
  • USB変換シガーソケット (USB×2)
  • 説明書
  • シール剥がし
  • 予備の両面テープ
  • コード配線補強クリップ×5

上記の他にMicroSDカードが必要になります。

MicroSDカードは別途、ご自身でご購入下さい。

取り付け

MicroSDカード以外は全て同封されているもので取り付け出来るようになってます。

取り付けは簡単、以下のステップで設置できます。

  1. シガーソケットに USB変換シガーソケット を設置
  2. フロントカメラを設置
  3. リアカメラを設置
  4. フロントカメラに電源ケーブルをセット
  5. リアカメラに電源ケーブルをセット
  6. 車のエンジンを掛ければ自動起動

ポイントは、最初にちゃんと取れているか確認する。

あとは、社内のケーブルセッティングさえクリア出来れば非常に簡単です。

アプリ

VIOFO A129Duo は、アプリと連動して動作させる事が可能です。

設置した後でもWifi接続してしまえば、モバイルアプリで設定を変更する事が出来ます。

また、アプリ側でカメラの映像を確認できますので、設置後にカメラ位置を微調整出来ますので、非常に便利です。

映像と音声

撮った映像は1080pで記録されているので、非常に鮮明な映像です。

夜間や屋内駐車場などでも、前後の車のナンバープレートまでハッキリわかります。

また、音声もハッキリ撮れているいので、社内の状況もわかりますね。

まとめ

Amazon | VIOFO A129 ドライブレコーダー ドラレコ 前後カメラ デュアルレンズ GPS機能搭載 WIFI搭載 1080P Full HD SONY製センサー 2インチLCD画面 140度広角 常時/衝撃/ループ録画 駐車監視 動体検知 超強夜視機能/コンデンサ G-センサー WDR 最大256GBカード 1年保証 (129DUO) | ドライブレコーダー本体 | 車&バイク
VIOFO A129 ドライブレコーダー ドラレコ 前後カメラ デュアルレンズ GPS機能搭載 WIFI搭載 1080P Full HD SONY製センサー 2インチLCD画面 140度広角 常時/衝撃/ループ録画 駐車監視 動体検知 超強夜視機能/コンデンサ G-センサー WDR 最大256GBカード 1年保証 (1...

説明書が英語なのと、本体の日本語メニューが一部おかしいのを除けば、満足できる製品だ思います。

フロント、リアカメラのカメラは、前後の車のナンバープレートをハッキリ捉えてくれます。

また、音声もクリアに拾ってくれるので、社内がどのような状況なのかも記録に残してくれますので安心ですね。

MicroSDカード式なので、提出が必要な場合でも取り出しやすく、管理しやすいのGoodでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました