Ankerのワイヤレスキーボードを購入 | MacbookPro用のUSキーボード、脱日本語キーボードを試してみます!

英語圏の海外に行くとやっぱり皆さんUSキーボードでした。めっちゃほしい!

仕事でリモートでサーバーにアクセスすると、たまに「US配列」になっちゃって「うおおお」とかなってたんで・・・。

ただ「カッコイイけど、慣れるかどうか心配」という状況。

今回は、安いワイヤレスのUSキーボードを使って試してました!

前からチェックしていた「AnkerのUSキーボード」を買いましたので、早速レビューしてみたいと思います。

Ankerのワイヤレスキーボードを購入 | MacbookPro用のUSキーボード、脱日本語キーボードを試してみます!

今回、購入したのは「Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード」です。

Anker(アンカー)公式オンラインストア
モバイルバッテリー・充電器・スピーカー・イヤホン・ケーブルならAnker(アンカー)公式オンラインストア。iPhone・AndroidやiPad・Macbook等のスマホ・タブレット・パソコンにおすすめの製品を取り揃えています。USB PDや急速充電情報も満載。

ホワイトが人気だと思いますが「チャチい・安っぽい」というレビューがあったのでブラックをチョイス。

Appleのキーボードと比較

まずは、13インチのMacbookProのキーボードと並べるとこんな感じ。

ほぼ、同じサイズです。いい感じ♫。

次に、Appleの純正JISキーボードを並べてみました。

若干、ankerの方が大きいですね。

タイピングの感じは、ankerの方が安っぽい感じですね。

まあ、値段が違いますからね。ただ、嫌な感じはないです。

個人的には、もうちょっと重めというかシッカリしている方が好みです。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

初めてのUSキーボードという事で購入しました。

仕様

重量191g
318g(電池込み)
サイズ28.4 x 12.2 x 1.9 cm
電池単4×2(別売り)
通信Bluetooth 3.0
キーパンタグラフ
キーピッチ19mm
OSiOS/Android/Mac/Windows

値段

amazonで2000円ぐらいで購入しました。

2000円という安さですから、気軽に購入できる値段設定です。

Ankerというブランドですから、ちょっとした安心感もあります。

配列

今回はUSキー配列が欲しかったのです。

USキー配列だと、MacbookProと一緒!!(JISキーボードはないっぽい。)

これが重要でした。

「USキーボードのPCを買おう」計画を立てているので、試したかったわけです。

キーボードの構造

自分が持っている、前のモデルのMacbookProと同じパンタグラフ式

慣れていますが、MacbookProの本体のキーボードに比べると、なぜか打ちに打ちにくいんですよ。

そのうち慣れるのかな?

まとめ

「入門としては良いんじゃないかな。」という印象です。

「USキーボードが欲しい」とか、

「持ち運べて、軽いやつが欲しい」

「タブレット、スマホ用のキーボードが欲しい」という方にはピッタリかもしれません。

逆に、自宅やオフィスでPCに繋いでメインで使うには微妙な印象です。

しばらくはこのキーボードを使って、US配列に慣れていこうと思います。

私もついに「キーボード配列の戦い」に参戦です!(現時点ではJIS派です。)

追記

このキーボードをキッカケに、他のキーボードも購入しました。

メカニカルキーボードや、静的無接点方式のキーボードが気になる方は参考にどうぞ。

- メカニカルキーボード (FILCO Majestouch MINILA Air)

メカニカルキーボードのおすすめならコレ |「FILCO Majestouch MINILA Air 赤軸 (BluetoothのUS配列)」開封レビュー
マジェスタッチのメカニカルキーボード「 FILCO Majestouch MINILA Air」の赤軸を買いました!今まではAppleの純正キーボードを使っていました。しかし、キーボードは結構...

- 静電容量無接点キーボード (LEOPOLD FC660C)

静電容量無接点方式のキーボードはリアルフォース、HHKBだけじゃない!「LEOPOLD FC660C」開封レビュー
またまたキーボードネタです。前回、メカニカルキーボードの「Majestouch MINILA Air」の開封レビューをしました。こちら。あれからキーボードにハマってしまった僕は、マジェス...

コメント

タイトルとURLをコピーしました